社労士の具体的な業務内容としては、社会保険や雇用問題、給料や年金についての仕事をするのが一般的でしょう。 特に会社で勤める社労士は、行政機関への書類の提出や保険の申請などが主な業務内容となっています。 独立した社労士の場合には、事業主からの相談を受けたり、雇用の悩み相談などが主な仕事となります。 つまり、会社に雇用されている社労士と独立している社労士では、仕事内容の重点が変わるのです。 独立している方は相談を受けることが多いため、コミュニケーション能力が必要ですね。 また、社労士は人事に関するプロフェッショナルでもあります。 それに、会社内のことだけでなく、国と会社を繋ぐ橋渡しとしての役割も果たしています。 これだけをみると、とても難しい仕事内容に感じるかもしれませんが、人に関わる仕事が好きな方であれば、とてもやりがいが持てるはずです。 保険や年金などにも詳しくなれるので、自分のためにもなりますよ。 近年では求人も増えていますから、独立する方も会社勤めを選ぶ方も、今後はもっと就職しやすくなるかもしれません。